東北地方を中心とした古民家歴史的建造物をご紹介

    北海道札幌市  歴史的建造物
    北海道小樽市  歴史的建造物
    北海道函館市  歴史的建造物
    青森県十和田市 蔦温泉旅館
    秋田県小坂町  小坂鉱山事務所   康 楽 館  天 使 館  旧工藤家住宅
    秋田県仙北市  角館 武家屋敷
    岩手県盛岡市  歴史的建造物
    岩手県花巻市  鉛温泉 藤三旅館

    宮城県栗原市   旧有壁宿本陣   旧金成小学校  金成ハリストス教会  旧細倉鉱山住宅    
    宮城県登米市   旧亘理邸  不老仙館  興福寺六角堂   みやぎの明治村
    宮城県南三陸町 旧須藤家住宅
    宮城県石巻市   旧石巻ハリストス正教会教会堂  観慶丸商店
                 旧東北実業銀行石巻支店  雄勝石ギャラリーと木村邸
    宮城県大崎市   旧有備館   森民酒造店  食の蔵 醸 室  凛菜 上の家  須江家住宅
                 三本木宿  旧角田醤油店  
    宮城県加美町   松本家住宅   中新田宿   旧佐竹家住宅
    宮城県大和町   旧宮床伊達家住宅   原阿佐緒記念館   大和町武道館
    宮城県富谷町   富 谷 宿
    宮城県松島町   観 瀾 亭  水主衆民家
    宮城県塩竈市   旧亀井邸  旧高橋ベニヤ板店  塩竈町家の建物  勝 画 楼
    宮城県利府町   旧橋本店社屋
    宮城県多賀城市 旧今野家住宅
    宮城県仙台市   仙台の町家  いぐね農家  仙台市歴史民俗資料館   宮城県知事公館
                 三居沢発電所  東北大学片平キャンパス   東北学院大学土樋キャンパス
                 針生家住宅  青下ダム旧管理事務所  旧石垣家住宅  旧伊達邸 鐘景閣
                 エラ・オー・パトリックホーム
    宮城県名取市   洞口家住宅  旧中沢家住宅
    宮城県岩沼市   日本キリスト教団 岩沼教会  岩 沼 宿
    宮城県柴田町   槻 木 宿  麹 屋
    宮城県村田町   蔵の町並み  旧八巻家住宅
    宮城県川崎町   みちのく公園ふるさと村  岡崎屋旅館  青根洋館
    宮城県大河原町 大河原宿  大河原カトリック教会
    宮城県白石市   白石城と武家屋敷  壽丸屋敷  上戸沢・下戸沢宿  旧木村家住宅
                 一條旅館
    宮城県七ヶ宿町  安藤家本陣
    宮城県亘理町   亘 理 宿
    宮城県角田市   旧佐藤家住宅  旧氏家邸
    宮城県丸森町   斎理屋敷  旧丸森郵便局

    山形県酒田市   山居倉庫  本間家旧本邸  茅葺の古い店
    山形県金山町   金山型住宅  旧金山郵便局
    山形県新庄市   旧矢作家住宅
    山形県最上町   封人の家  旅館 喜至楼本館
    山形県鶴岡市   田麦俣 多層民家
    山形県村山市   五十沢 茅葺集落  あらきそば
    山形県東根市   旧横尾家住宅
    山形県河北町   朝日川酒造
    山形県寒河江市  旧西村山郡役所  旧西村山郡会議事堂
    山形県天童市   旧村山郡役所
    山形県大江町   清野家住宅
    山形県中山町   柏倉九左エ門家住宅と分家
    山形県山辺町   旧安達家住宅
    山形県朝日町   佐竹家住宅
    山形県山形市   文 翔 館  旧山形師範学校本館  旧山形市立病院 済生館本館
                 旧市島銃砲火薬店  旧西村写真館  料亭 千歳館  吉池医院
                  山形市立第一小学校旧校舎  山形ペテロ教会   丸十大屋  旧山寺ホテル
    山形県上山市   上山城と武家屋敷   旧尾形家住宅   楢下宿と古屋敷村   金瓶学校
    山形県白鷹町   小手沢茅葺古民家
    山形県長井市   旧西置賜郡役所  旧桑島眼科医院  旧小池医院  長井小学校第一校舎
                 元羽前銀行長井支店
    山形県米沢市   旧米沢高等工業学校本館  上杉伯爵邸  吉 亭
                 音羽屋本館  九里学園  西屋旅館(白布温泉)

    福島県国見町  旧佐藤家住宅  奥山家住宅
    福島県桑折町  旧伊達郡役所  桑 折 宿
    福島県伊達市  旧亀岡家住宅
    福島県福島市  旧佐久間邸  佐藤家住宅  瀬上嶋貫本家  旧ノートルダム修道院
                日本基督教団福島教会  福島市写真美術館  御倉邸  福島市 民家園
        飯坂温泉  旧堀切邸  中村屋旅館
        高湯温泉  旅館 玉子湯 湯小屋
       微温湯温泉   旅館 二階堂
    福島県二本松市  安達ヶ原ふるさと村
    福島県郡山市  阿部家住宅
    福島県喜多方市  歴史的建造物
    福島県猪苗代町  天 鏡 閣
    福島県会津若松市 鶴ヶ城と旧滝沢家本陣  さざえ堂  歴史的建造物
                   旅館 向滝 (東山温泉)
    福島県下郷町  大内宿

    栃木県那須塩原市  和泉屋旅館 別館  加賀屋旅館 本館
    埼玉県川越市  歴史的建造物
    東京都千代田区  東京駅と丸の内
    神奈川県横浜市  横浜三塔  ホテル ニューグランド本館

    京都府京都市  東華菜館  京都四篠南座
    奈良県奈良市  旧奈良県物産陳列所  円窓亭

    長崎県長崎市  歴史的建造物  旧出津救助院
    長崎県佐世保市  凱旋記念館



 
旧有壁宿本陣 (宮城県栗原市金成)

有壁宿本陣は、江戸時代に奥州街道の有壁宿に設けられ、幕府の重臣や各藩主が通行の際に、宿泊や休憩をしたところで
ある。

現存する建物は、延享元年 (1744) に改築されたもので、道路に面して二階建の長屋と御成門が並んでいる。この御成門を
入ると100坪ほどの本屋があり、本陣として使用された諸室と私邸の部分が含まれている。

本陣の建物は、明治9年の明治天皇奥羽巡幸の際に小休所となったところでもある。 修復 (国指定史跡、国指定重要文化財)
 < 2013年 再訪 >

  


  





 
旧金成小学校 (宮城県栗原市金成)

明治20年 (1887) に建てられた木造2階建の学校建築物で、玄関上の屋根とバルコニーが特徴である。現在は、金成歴史
民俗資料館として一般に公開されている。 修復 (宮城県指定有形文化財) < 2008年 再訪 >

  


  





 
金成ハリストス教会 (宮城県栗原市金成)

昭和9年 (1934) に建てられた木造教会建築物で、高さ7メートルを超える鐘楼が特徴である。 また、ベージュ色の外板や茶色
の枠木も美しく、屋根はスレート葺きになっている。 修復  (建物内部は非公開) < 2008年 再訪 >

    





  旧細倉鉱山住宅 (宮城県栗原市鶯沢)

細倉鉱山は、安土桃山時代に発見されたといわれ、昭和初期には日本を代表する鉛や亜鉛の鉱山となった。しかし、昭和45年
以降、円高や不況による影響で経営が困難となり昭和62年に閉山した。

この、細倉鉱山で働いていた人々が居住していたのが「細倉鉱山住宅」で、閉山後老朽化のため平成19年に取り壊される予定
だったが、映画「東京タワー」のロケ地に決定したため取り壊しが中止された。

ここは、その地名から「佐野住宅」ともいわれ、昭和時代のノスタルジックな雰囲気を彷彿させる昔懐かしいところである。
現在は、観光施設として一般に公開されている。 一部修復 (建物内部は非公開) < 2012年 再訪 >

  


  





 
旧亘理邸 (宮城県登米市迫町佐沼)

佐沼は、江戸時代に仙台藩重臣 佐沼亘理氏が治めていた城下町である。佐沼城は、明治維新により廃城となったため、明治
25年 (1892) 城外の古庭園内に、新しい住居として建てられたのが亘理邸である。

建物は、武家住宅の面影を残す 茅葺寄棟の立派な造りで、門前に広がる古庭園も趣がある。 現在は、観光施設として一般に
公開されている。 修復 (登米市指定有形文化財) < 2010年 再訪 >

  


  





 
不老仙館 (宮城県登米市東和町米谷)

江戸時代後期に建てられた 書院造りの武家住宅で、伊達家13代藩主 慶邦公が、この地方を巡視の際に宿泊所として利用
していた。

建物は当初、東和町米川 の畠山家に所在していたが、明治39年 (1907) に 佐藤家が買い取り、現在の場所へ移築し別荘
として使用していた。その後、増改築が行なわれ 皇室や著名人なども訪れたという。

また、日本庭園にある茶室は、大正13年 (1924) に 岩手県一関市より移築されたもので、内部の造りも贅を尽くしている。
現在は、著名人の書画や骨董品などを展示した、東和町民俗資料館として一般に公開されている。
 修復 (登米市指定有形文化財) < 2010年 再訪 > 

  


  


  





 
興福寺六角堂 (宮城県登米市南方町)

明治17年 (1884) に建てられた 和洋折衷の仏堂建築物で、六角形の屋根や張り出したポーチ、階上のベランダなどが特徴で
ある。

また、興福寺境内には歴史のある観音堂もあり、中国古来の二十四考物語が刻まれた色鮮やかな壁画は素晴らしい。
 修復 (登米市指定有形文化財) < 2010年 再訪 >

  


  





 
みやぎの明治村 (宮城県登米市登米)

宮城県北部に位置する、登米市登米(とめし・とよま)には、明治時代に建てられた学校や役所の洋風建築物や、江戸時代の
武家屋敷などが保存されている。

ここは、「みやぎの明治村」 と呼ばれており、歴史的資料館として一般に公開されている。 < 2010年 再訪 >

  
旧登米高等尋常小学校 (教育資料館) 修復 (国指定重要文化財)


  
旧水沢県庁記念館 移築復元 (登米市指定重要文化財)


  
武家屋敷と春蘭亭 修復 (登米市指定重要文化財)


  
旧登米警察署庁舎 (警察資料館) 移築復元 (宮城県指定重要文化財)




 
旧須藤家住宅 (宮城県南三陸町志津川)

江戸時代後期に建てられた武家住宅で、地元では「松笠屋敷」 と呼ばれていた。母屋は、半農半武家屋敷の大きな造りで、
地方郷士の代表的な住宅といわれている。

敷地内には、長屋門や文庫蔵などが修復されており、現在は 観光施設として一般に公開されている。 修復 < 2010年 再訪 > 

  


  


また、志津川入谷地区は江戸時代に、仙台藩養蚕発祥の地として栄えたところである。志津川中心部には、養蚕業で財を
成した 旧家の蔵屋敷がいくつか残っている。  東日本大震災により壊滅

  





 
旧石巻ハリストス正教会教会堂 (宮城県石巻市)  東日本大震災により被災

明治13年 (1880) に建てられた教会建築物で、現存する木造教会堂としては日本最古のもである。1階の集会室が畳敷きに
なっているのが特徴で、現在は観光施設として一般に公開されている。 移築復元 (石巻市指定文化財) < 2009年 訪 >

  


  





 
観慶丸商店 (宮城県石巻市)

石巻地方初の百貨店として昭和5年(1930)に建てられた、木造3階建の洋風建築物である。外壁はタイル貼りだが、一見
コンクリート造りと見間違うほどの重量感がある。

ここも、東日本大震災により被災したが、修復され交流館として再出発した。建築物としては貴重なので、長く守り続けて
ほしいものである。 < 2015年 再訪 >

  


  





 
旧東北実業銀行石巻支店 (宮城県石巻市)  東日本大震災により被災

大正14年 (1925) に建てられた石造り3階建の洋風建築物である。玄関を外壁から張り出させているのが特徴となっている。
  < 2009年 訪 >

  





 
雄勝石ギャラリーと木村邸 (宮城県石巻市雄勝町)  東日本大震災により壊滅

石巻市雄勝町は、硯の生産地として全国的に有名である。硯の原石 (玄昌石) は、明治初期から屋根材のスレートとしても
生産され、赤レンガの東京駅や旧北海道庁の屋根にも使用された。

雄勝町内には、建物の屋根と壁をスレートで覆った民家がいくつか残っている。この工法は世界的にも珍しく、昭和初期に
建てられた貴重な木造洋風建築物でもある。 < 2009年 訪 >

  
雄勝石ギャラリー (修復)


  
木 村 邸




 
旧有備館 (宮城県大崎市岩出山)

江戸時代中期に建てられた旧伊達藩 岩出山伊達家の学問所である。寄棟屋根、内部は書院造りの立派なもので、池の中に
島を配した広い回遊式池泉庭園が素晴らしい。 現在は、観光施設として一般に公開されている。 再修復済
 (国指定重要文化財) < 2016年 再訪 >

  


  





 
森民酒造店 (宮城県大崎市岩出山)

森民酒造店は、明治16年 (1883) 創業の造り酒屋である。創業当時に建てられた店蔵は、切妻平入りの漆屋造りが特徴で、
母屋へ続く木の門が隣接している。また、広い土地を囲むように土蔵や酒蔵が建っており、 高い板塀と共に趣のある景観
となっている。

敷地内には、昭和初期に建てられた「昭和レトロ館」もあり酒蔵と一緒に見学できるが、予約制となっているので一週間前
までに電話で問い合わせのこと。 一部修復 < 2013年 再訪 >

  所在地・宮城県大崎市岩出山字上川原町15
  T E L・0229-72-1010

  


  





 
食の蔵 醸 室 (かむろ) (宮城県大崎市古川)

江戸時代後期に建てられた 旧橋平酒造店の建物である。現在は母屋や蔵を修復し、地元の食材を使った飲食店や土産店
などが入った、食の蔵 醸室 として利用されている。 修復一部改築 < 2010年 再訪 >

  


  





 
凛菜 上の家 (宮城県大崎市岩出山)

明治43年 (1910) に建てられた 旧千葉家の庄屋屋敷で、屋号は「上の家」と呼ばれていた。建物は堂々とした造りで、木材の
美しさが無駄なく活かされている。 現在は、田舎レストラン「凛菜 上の家」として利用されている。 修復< 2014年 再訪 >

  


  





 
須江家住宅 (宮城県大崎市岩出山)

江戸時代中期に建てられた、仙台藩在郷武士 須江家の武家住宅である。 所在は、岩出山中心部より離れた江合川対岸の
山手で、現在でも当主が生活を営んでいる。

建物は、屋根や外壁の一部が改修されており、庭へ入る塀中門も修復されている。 また、集落入口には須江家所有の大きな
門が残っている。 (宮城県指定有形文化財) < 2010年 再訪 >

  


  





 
三本木宿 (宮城県大崎市三本木)

三本木は、江戸時代に奥州街道の宿場町として賑わい、松山・中新田街道との追分もあった。また、鳴瀬川舟運の拠点として
も栄えたところである。旧街道沿いには、その面影を残す古い蔵屋敷がいくつか残っている。 < 2010年 再訪 >

  


  





 
旧角田醤油店 (宮城県大崎市松山)

松山は、江戸時代に 仙台藩重臣 茂庭氏の城下町として栄えたところである。 旧商人町には、明治時代に建てられた旧角田
醤油店や、松本米穀店などの蔵屋敷がいくつか残っている。 < 2010年 再訪 >

  


  





 
松本家住宅 (宮城県加美町)

江戸時代中期に建てられた、仙台藩在郷武士 松本家の武家住宅である。 主屋と土間の二棟からなる寄棟分棟型で、玄関や
窓を設けない単純素朴な技法で建てられている。

建物は、現在でも松本家が所有しており、観光施設として一般に公開されている。(国指定重要文化財) < 2010年 再訪 >

  


  





 
中新田宿 (宮城県加美町中新田)

中新田は古くから、奥州街道より山形県尾花沢へ向かう中羽前街道の要衝であった。藩政時代には、地元「大崎米」を鳴瀬川
の舟運で江戸に送り出す拠点として栄えた。また、大崎米を使用した酒造業も発達した。

旧街道沿いには、酒造元の店蔵や酒蔵などが点在し、往時の面影を残している。 一部修復 < 2012年 再訪 >

  


  





 
旧佐竹家住宅 (宮城県加美町宮崎)

江戸時代末期に建てられた農家住宅で、主屋は寄棟造りの「広間付き四間取り」 が特徴である。この間取りは、江戸期の加美
地方に共通する造りとなっている。

建物は当初、広い土間の下手端に小さな馬屋が接続されていたが、明治期に入り馬屋が拡張され現在のような曲屋風の造り
になった。現在は、観光施設として一般に公開されている。 移築復元 (加美町指定有形文化財) < 2013年 再訪 >

  


  





 
旧宮床伊達家住宅 (宮城県大和町宮床)

江戸時代後期に建てられた武家住宅で、寄棟屋根と内部は四間取りが特徴である。また、各部屋には長押が打たれており、
欄間の精緻さなどからも 武家としての格式が窺える造りになっている。

この建物は、明治維新後に 宮床伊達家の住居として代々使用されてきた。現在は、観光施設として一般に公開されている。
 移築復元 (大和町指定有形文化財) < 2010年 再訪 >

  


  





 
原阿佐緒記念館 (宮城県大和町宮床)

明治時代初期に建てられた木造洋風建築物で、吹き放しの玄関ポーチや漆喰の白壁などが特徴である。この建物は、大正
時代に活躍した女流歌人 原阿佐緒の生家で、現在は原阿佐緒記念館として 一般に公開されている。 修復・一部改築
 < 2010年 再訪 >

  


  





 
大和町武道館 (宮城県大和町吉岡)

昭和4年 (1929) に建てられた大きな木造洋風建築物で、半切妻屋根と下見板張り、正面上の半円形欄間などが特徴である。
建物は、現在でも武道館として使用されている。 < 2010年 再訪 >

  


  





 
富 谷 宿 (宮城県富谷町)

富谷は、江戸時代に奥州街道の宿場町として本陣も置かれたところである。 旧街道沿いには、その面影を残す古い蔵屋敷が
いくつか残っている。 < 2010年 訪 >

  


  





 
観 瀾 亭 (宮城県松島町)

観瀾亭 (かんらんてい) の建物は、桃山時代に豊臣秀吉が茶室として 京都伏見城内に建築したものである。その後、仙台
藩主 伊達政宗公が拝領し 江戸品川の藩邸に移築したものを、二代藩主 忠宗公が松島へ再移築したと伝えられている。
別名「月見御殿」と呼ばれ、歴代藩主の お休み処として利用されていた。

軽快な起り(むくり)を持つ屋根や広い京間が特徴で、床の間の襖絵は極彩色で描かれている。現在は、観光施設として
一般に公開されている。 修復 (松島町指定文化財) < 2015年 再訪 >

  


  





 
水主衆民家 (宮城県松島町)

江戸時代初期に建てられた水主衆(かこしゅう)の民家である。水主衆とは、仙台藩主などが松島遊覧の際に御座船を操舵
した人々のことをいった。

寄棟屋根、冠木門を備え出格子を設けているのが特徴で、現在は 「どんじき茶屋」として一般に利用されている。移築復元
 (松島町指定文化財) < 2016年 再訪 >

  


  




 
旧亀井邸 (宮城県塩竈市)

大正13年 (1924) に建てられた木造和洋併置式住宅で、2棟からなる贅を尽くした造りが特徴である。総合商社カメイ元会長の
邸宅だったが老朽化したため、現在はギャラリーなどとして イベント時のみ公開されている。 < 2014年 再訪 >

  


  





 
旧高橋ベニヤ板店 (宮城県塩竈市)

大正11年(1922)に建てられた石造りの洋風建築物で、2階の縦長窓と上部壁面の装飾が特徴である。また、壁面は地元
塩竈石が使用されている。建物内部は非公開。 (国指定登録文化財) < 2010年 訪 >

  





 
塩竈町家の建物 (宮城県塩竈市)

塩竈本町 (もとまち) 通り周辺には、大正時代から昭和初期にかけて建てられた、塩釜町家建築の面影を残す貴重な建物が
いくつか残っている。この中には一部改築されたところもあるが、これからも長く守り続けてほしいものである。< 2014年 再訪 >

  
丹六園 (江戸時代末期築の部材を大正3年(1914)に組み替え) 2014年 国登録有形文化財


  
太田與八郎商店 (昭和4年(1929)築)


  
浦霞醸造元 佐浦 (平成20年(2008)復元)                荻原醸造 (明治中期築) 修復




 
勝 画 楼 (宮城県塩竈市)

勝画楼は、塩竈神社隣りの小高い山に建つ、書院造りの古い建物である。 ここは、江戸時代に藩主の休憩所として建てられ、
明治から昭和40年代にかけては料亭として使用されていた。しかし、その後は老朽化のために廃墟と化してしまった。

また、敷地内には完成していれば 日本初となった灯台跡も残っている。この建物も、藩政時代の面影を残す貴重な建物なの
で、国や市などの協力により何とか修復してほしいものである。 < 2010年 訪 >

  


  





 
旧橋本店社屋 (宮城県利府町)

明治42年 (1909) に建てられた木造洋風建築物で、連続したスレート葺屋根と、外壁上部の同心円装飾が特徴である。この
建物は当初、仙台市中心部に建てられ、建設会社(株)橋本店の社屋として長い間使用されてきた。

その後、老朽化したため 昭和44年 (1969) に宮城県へ寄贈され、同年利府町に開園した「宮城県青少年の森」敷地内へ移築
復元された。建物は、建築当初と外観が やや異なるが、内部もモダンで趣のある造りになっている。
現在は、青少年の森展示館(洋館)として一般に公開されている。 < 2010年 訪 >

  


  


  





 
旧今野家住宅 (宮城県多賀城市)

江戸時代中期に建てられた大型農家住宅で、本屋は寄棟屋根の箱棟造り、冠木門や中門 (ちゅうもん) を設けているのが
特徴である。今野家は、宮城県石巻市北上町で農業を営んでおり、江戸時代まで 肝煎り(村の責任者)を代々務めていた
家柄だった。

この貴重な建物を保存するため、平成11年に多賀城市の東北歴史博物館敷地内へ移築復元した。現在は、東北歴史
博物館の野外展示場として一般に公開されている。(宮城県指定有形文化財) < 2010年 訪 >