札幌市内の歴史的建造物 (北海道札幌市)

札幌は、明治2年 (1869) に北海道開拓使が置かれ、北海道における政治経済の中心都市として発展した。札幌市内には、
近代日本の歴史的建造物が多く保存されており、往時の繁栄を今に伝えている。


旧札幌農学校

札幌農学校は、明治9年 (1876) に札幌へ置かれた教育機関であり、北海道開拓の父といわれた クラーク博士が教頭を
務めた。また、近代日本の偉人 新渡戸稲造(教育者)や内村鑑三(思想家)、宮部全吾(植物学) などを輩出したところと
しても知られている。札幌市中心部には、旧札幌農学校時代に建てられた歴史的建造物が散在している。

旧札幌農学校の主な歴史的建造物

  
旧札幌農学校演武場(札幌市時計台) 明治11年(1878) 築 (国指定重要文化財)


  
旧昆虫学及養蚕学教室 明治34年(1901)築 (国登録有形文化財)


  
古河記念講堂 明治42年(1909)築 (国登録有形文化財)


  
旧第二農場牛牧舎 明治42年(1909)築(国指定重要文化財) 旧農学部図書館 明治35年(1902)築(国登録有形文化財)



北海道庁旧本庁舎

明治21年 (1888) に建てられた、アメリカ風ネオバロック様式 煉瓦造2階建(地下1階)建築である。通称 「赤レンガ」と呼ばれ、
中央部に高さ33mの堂々とした八角塔を配しているのが特徴となっている。

建物の設計は、函館の元町配水池や手宮機関庫などを手がけた明治時代の建築家 平井晴二郎で、近代日本における大規模
な煉瓦造建造物として大変貴重な建物である。
現在は、樺太関係資料館や道立文書館として一般に公開されている。修復 (国指定重要文化財)

  


  




旧札幌控訴院

大正15年 (1926) に建てられた、近世ヨーロッパ様式 煉瓦造・石造2階建建築である。建物の外観は、外側に札幌軟石を、内側
に煉瓦を積み上げた「組積造」工法が用いられており、重厚な外観が特徴となっている。

また、正面玄関上部には、目隠しをしたギリシャ神話の女神テミス像、その左右には天秤と剣のレリーフが配されている。建物の設計は、司法省営繕課の浜野三郎によるものである。
現在は、札幌市資料館として一般に公開されている。修復 (国登録有形文化財)

  


  



その他の主な歴史的建造物

  
日本基督教団札幌教会 明治37年(1904)築(国登録有形文化財)


  
旧北海道帝国大学理学部本館(総合博物館) 昭和4年(1929)築


  
北海道知事公館 昭和11年(1936)築(国登録有形文化財)




 
小樽市内の歴史的建造物 (北海道小樽市)

小樽は、明治2年 (1869) に札幌へ北海道開拓使が置かれると最も重要な港湾とされ、道内で最初の幌内鉄道が手宮(小樽)
から札幌間に開通した。その後、小樽港は明治32年 (1899) に、国際貿易港に指定され発展を続けた。

このことにより、明治から大正時代にかけて中央金融機関が次々と小樽へ進出し、「北のウォール街」と呼ばれた銀行街が
形成された。小樽市内には、近代日本の歴史的建造物が多く保存されており、往時の繁栄を今に伝えている。


旧日本郵船(株)小樽支店

明治39年 (1906) に建てられた、近世ヨーロッパ様式石造2階建建築である。この建物は、北面に貴賓用の横玄関を配し、外壁
は厚さ約75cmの小樽産軟石、その他の部分は登別産中硬石を使用している のが特徴となっている。建物の設計は、明治
時代の建築家・佐立七次郎によるものである。
現在は、小樽市博物館として一般に公開されている。 修復 (国指定重要文化財)

  


  



日本銀行旧小樽支店

明治45年 (1912) に建てられた、ルネッサンス様式2階建建築である。この建物は、屋根に5つのドームを配し、外壁は煉瓦に
モルタルを塗った石造り風に仕上げているのが特徴となっている。建物の設計は、 旧東京駅舎などを手がけた明治時代の
建築家・辰野金吾らによるものである。
現在は、金融資料館として一般に公開されている。 修復 (小樽市指定文化財)

  


  



その他の主な歴史的建造物 (小樽市指定歴史的建造物)

  現在、これらの建物は店舗や会社事務所、観光施設などとして再利用されている。

  
旧百十三国立銀行小樽支店 明治26年(1893)築         旧百十三銀行小樽支店 明治41年(1908)築


  
旧北海道銀行本店 明治45年(1912)築            旧三菱銀行小樽支店 大正11年(1922)築


  
旧北海道拓殖銀行小樽支店 大正12年(1923)築          旧第一銀行小樽支店 大正13年(1924)築


  
旧三井銀行小樽支店 昭和2年(1927)築            旧安田小樽支店 昭和5年(1930)築


  
旧第四十七銀行小樽支店 昭和初期築             旧通信電設浜ビル 昭和8年(1933)築


また、小樽運河周辺には、明治から大正時代にかけて、木造の骨組みで外壁に軟石を積んだ、「木骨石造」と呼ばれる構造の
倉庫や店舗などが軒を連ねていた。建築石材としては、札幌軟石や小樽軟石などの凝灰岩が多く使用された。
現在、これらの建物は店舗や会社事務所、観光施設などとして再利用されている。

主な木骨石造の歴史的建造物 (小樽市指定歴史的建造物)

  
旧金子元三郎商店 明治20年(1887)築              旧広海倉庫 明治22年(1889)築


  
旧小樽倉庫 明治23〜27年(1890〜1894)築            旧大家倉庫 明治24年(1891)築


  
旧右近倉庫 明治27年(1894)築                  旧岩永時計店 明治29年(1896)築


  
旧増田倉庫 明治36年(1903)築                   旧日本郵船(株)小樽支店残荷倉庫 明治39年(1906)築


  
旧名取高三郎商店 明治39年(1906)築               旧北海雑穀(株) 明治40年(1907)築




 
函館市内の歴史的建造物 (北海道函館市)

函館は、幕末の安政6年(1859) に、横浜・長崎とともに日本最初の国際貿易港として開港し、様々な異国文化が上陸した。
函館市内には、明治から大正時代にかけて建てられた洋館や教会などが多く保存されており、 レトロな異国情緒を醸し
出している。

主な歴史的建造物

  
旧北海道庁函館支庁庁舎 明治42年築(道指定有形文化財) 旧函館区公会堂 明治43年(1910)築(国指定重要文化財)


  
旧函館郵便局 明治44年(1911)築                   旧ロシア領事館 明治41年(1908)築


  
函館ハリストス正教会 大正5年(1916)築(国指定重要文化財)  旧大幸機動興業所 大正5年築(函館市景観形成建築物)


  
旧イギリス領事館 大正2年(1913)築(函館市有形文化財)  カトリック元町教会 大正13年(1924)築(函館市伝統的建造物)


また、同時期に活躍した豪商 太刀川善吉や相馬哲平などの屋敷や蔵、地元名士の瀟洒な町屋も多く残っており、往時の面影
を偲ばせている。< 2012年 再訪 >

  
太刀川家住宅 明治34年(1901)築(国指定重要文化財)    旧相馬邸 明治41年(1908)築(国指定歴史的建造物)


  
     金森赤レンガ倉庫 明治44年(1911)築            旧茶屋亭 明治末期築(函館市伝統的建造物)


  
高田屋嘉兵衛資料館の蔵 左は明治36年・右は大正12年築 石井家住宅 昭和2年(1927)築(函館市景観形成指定建築物)




 
蔦温泉旅館 (青森県十和田市)

蔦温泉旅館 は、明治42年 (1909) に開業した1軒宿の温泉で、本館は大正7年 (1918) に建てられたものである。この本館は、
木造2階建てで 玄関部が前に張り出した屋根や素通しのガラス戸などが、大正ロマンのレトロな雰囲気を漂わせている。
建物は、現在でも使用されている。  一部改修 < 2010年 訪 >

  


  





 
小坂鉱山事務所 (秋田県小坂町)

小坂鉱山は、明治から大正時代にかけて鉱産額が日本一を誇り、最盛期には3万人もの人々が暮らしたという。そして、小坂
鉱山の増大する産出量に対応するため、明治41年 (1908) 大館〜小坂間に 東北初の私鉄・小坂鉄道が敷設され、翌年の
明治42年には 一般旅客貨物運輸営業を開始した。

その後、昭和3年 (1928) に一部区間が電化されたが、昭和37年 (1962) にはディーゼル車に替わった。しかし、需要の減少
により 平成6年 (1994) に旅客営業が廃止され、現在は貨物専用鉄道として小坂製錬(株)が運営管理をしている。

小坂鉱山事務所は 明治38年 (1905) に建てられ、日本の近代化とともに発展を遂げてきた小坂鉱山のシンボルであった。
また、木造3階建てでルネッサンス風の大きく豪華な造りは、明治期を代表するオフィスビルとして注目を集めた。

建物の外観は 屋根上の3つの飾り窓や、外壁には三角形のぺディメント (窓飾り) 付きの窓が連続しており、正面中央の
バルコニー付きポーチや玄関ホールの らせん階段も見事である。

建物は、平成13年に 「明治百年通り」 へ移築復元され、明治の芝居小屋・康楽館や天使館 (カトリック施設) とともに小坂町
の観光施設として一般に公開されている。 (国指定重要文化財) < 2010年 訪 >

  


  

旅のアルバム レトロな小坂




 
康 楽 館 (秋田県小坂町)

明治43年 (1910) に建てられた 日本最古の木造芝居小屋で、小坂鉱山従業員の厚生娯楽施設であった。その後、昭和時代
まで 歌舞伎や新劇・映画などが上演されてきたが、建物の老朽化等のため 昭和45年に一般の興行は中止されてしまった。
しかし、昭和61年に小坂町の観光施設として改修され、新たな歴史を刻み始めたのである。

建物の正面外観は、下見板張り アメリカゴシック風の木造2階建てだが、館内は純和風の造りで 収容人数は600人と規模が
大きい。 また、舞台には伝統的な歌舞伎小屋の仕掛けがあり、回り舞台 (人力) や花道、楽屋などがそのまま残されている。

現在は、芝居の常設公演や年1回の歌舞伎公演、文楽、演劇公演などにも利用されている。 なお、館内を見学する際は、
黒子さんが案内し丁寧な説明をしてくれる。 一部改修 (国指定重要文化財) < 2010年 訪 >

  


  

旅のアルバム レトロな小坂




 
天 使 館 (秋田県小坂町)

昭和7年 (1932) に建てられた カトリック施設、聖 園 (みその) 天使園の木造建築物で、中央部屋根の円形レリーフと外壁は
下見板張りが特徴である。 この建物は 平成4年まで使用されていたが、 現在は小坂町の観光施設として一般に公開されて
いる。 修復 (国登録有形文化財) < 2010年 訪 >

  


  

旅のアルバム
レトロな小坂




 
旧工藤家住宅 (秋田県小坂町)

明治18年 (1885) に建てられた、旧小坂村の地主・工藤作兵衛の屋敷である。 工藤家は、江戸時代中期に南部藩の「御給人」
と呼ばれた武士の家柄で、明治期には地主として栄えた。

建物は、豪農に相応しい大型農家住宅で、内部は武家住宅の面影を残す半農半武家の造りになっている。 しかし、茅葺屋根
はメンテナンス等の理由により、トタン板で覆ってしまったのが残念である。

現在は、工藤家の屋号に因んで 「中小路の館」 と命名され、小坂町の観光施設として一般に公開されている。内部見学は
予約が必要。< 2010年 訪 >

  


  

旅のアルバム レトロな小坂




 
角館 武家屋敷 (秋田県仙北市角館町)

角館は、江戸時代に秋田藩の支藩として栄えた城下町である。角館武家屋敷通りには、江戸時代中期に建てられた重厚な
黒板塀が続く6軒の武家屋敷が保存・公開されており、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

また、建物を取り囲む樹木も多く、春は桜、夏は深緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季の彩りも素晴らしい。修復< 2013年 再訪 >

  
石 黒 家 (仙北市指定史跡)


  
青 柳 家 (秋田県指定史跡)


  
岩 橋 家 (秋田県指定史跡)


  
河原田家 (仙北市指定史跡)


  
小野田家 (仙北市指定史跡)


  
松 本 家 (秋田県指定有形文化財)




 
盛岡市内の歴史的建造物 (岩手県盛岡市)

盛岡は、藩政時代に南部藩の城下町として栄えた。そして、明治維新後は岩手県庁が置かれ、県内の中心都市として発展
した。盛岡市内には、近代日本の歴史的建造物が多く保存されており、 往時の繁栄を今に伝えている。 < 2013年 再訪 >


旧盛岡高等農林学校本館

盛岡高等農林学校は、日本初の高等農林学校として明治35年 (1902) に開校し、宮沢賢治をはじめ多くの人材を輩出した。
旧本館は、大正元年 (1912) に建てられた、木造2階建て欧風建築物である。この建物は、スレート葺きの寄棟造りに青森
ヒバを用いた下見板張りや、縦長の上げ下げ窓が特徴となっている。
現在は、農業資料館として一般に公開されている。 修復 (国指定重要文化財)

  


 
旧盛岡銀行本店

明治44年 (1911) に建てられた、ルネッサンス様式煉瓦造り2階建て(一部3階)建築である。この建物は、赤煉瓦の壁面に
花崗岩の帯を回し、南東隅にドームを冠した八角塔と南側に矩形塔を配しているのが特徴となっている。 建築設計者は、
東京駅などを手がけた辰野金吾らによるものである。
現在は、大規模な修復工事が施工されている。 修復 (国指定重要文化財)

  


 
旧第九十銀行本店

明治43年 (1910) に建てられた、ロマネスク・りヴァイヴァル様式煉瓦造り2階建て建築である。この建物は、正面から見ると
非対称であり、屋根はドーマ窓で飾られているのが特徴となっている。
現在は、大規模な修復工事が完了し、「もりおか啄木・賢治青春館」として一般に公開されている。修復(国指定重要文化財)

  


 
その他の主な歴史的建造物

  
ござ九・森九商店 江戸後期築後増築


  
南昌荘 明治18年 (1885) 築後改築


  
旧石井県令私邸 明治19年 (1886) 築


  
旧紺屋町消防番屋 大正2年 (1913) 築


  
岩手県公会堂 昭和2年 (1927) 築 (国登録有形文化財)


  
旧盛岡貯蓄銀行 昭和2年 (1927) 築


  
佐藤写真館 昭和3年 (1928) 築


  
ライト写真館 昭和4年 (1929) 築




 
藤三旅館 (岩手県花巻市鉛温泉)

昭和16年 (1941) に建てられた 木造3階建ての旅館建築物である。 玄関上部から3階までの張り出した造りが特徴で、建物の
内部は黒光りのする階段や客室など レトロな趣きがある。 < 2009年 訪 >

  





 
和泉屋旅館 別館 (栃木県塩原温泉)

和泉屋は、天文5年(1536)創業の老舗旅館である。ここは、明治・大正・昭和と、多くの文人や画家に愛された宿として知られ
ている。

以前の建物は、昭和9年に建築された5階建ての豪壮な造りであったが、昭和24年の塩原大火で全焼してしまった。その後、
焼け残った部分を再生し、現存する別館が建てられた。
現在は、文人墨客の墨跡や資料などを展示した、「文学亭」として一般に公開されている。 < 2012年 再訪 >

  


  





 
加登屋旅館 本館 (栃木県板室温泉)

加登屋旅館本館は、大正8年に建てられたもので、木造三階建ての堂々とした造りは、大正期の旅館建築物として貴重な存在
である。建物は、一部修復され現在でも宿泊客を迎え入れている。 < 2012年 訪 >

  


  





 
川越市内の歴史的建造物 (埼玉県川越市)

川越は、藩政時代に武蔵国一の大藩、川越藩の城下町として栄えた。ここでは、神社仏閣や旧跡、歴史的建造物などが多く
保存されており、「小江戸 川越」 と呼ばれている。

また、川越市中心部には、明治時代に建てられ関東大震災や戦災を免れた古い蔵造りの町並みも残されており、国の重要
伝統的建造物群保存地区に指定されている。 < 2014年 訪 >

川越市内の主な歴史的建造物

  
 大沢家住宅 寛政4年(1792) 築 (国指定重要文化財)     江戸城客殿など 寛永15年(1638) 築後 川越移築 (国重文)


  
川越城本丸御殿 嘉永元年(1848) 築 (埼玉県指定文化財)    時の鐘(鐘つき堂) 寛永年間築 明治27年(1894)再建


  
蔵造りの町並み 明治時代築


  
  旧武州銀行川越支店 昭和2年(1927)築            旧第八十五銀行本店 大正7年(1918)築(国登録有形文化財)


  
大正浪漫夢通りの町並み 大正から昭和時代築




 
東京駅と丸の内 (東京都千代田区)

東京駅丸の内駅舎は、大正3年 (1914) に建てられたルネッサンス様式3階建の赤レンガ建築である。この建物は、太平洋戦争
末期の戦災により被害を受けたが、終戦後に2階建の駅舎として修復された。そして、平成24年には大規模な復元工事により、
建築当初の3階建駅舎として蘇った。建物の設計は、ルネッサンス様式を全国的に広めた辰野金吾らによるものである。

丸の内駅舎は、皇居行幸通りの正面に位置し、その姿はどの方向から見ても優雅で威風堂々としている。また、南北にある
ドームの天井レリーフも趣があり素晴らしい。なお、駅舎の一部は東京ステーションホテルとして使用されている。
 復元 (国指定重要文化財) < 2014年 訪 >

  


  


丸の内ビル街には、明治27年 (1894) に建てられた、丸の内初のオフィスビル・三菱一号館がある。このビルは、明治43年
(1968) に一度取り壊されたが、平成21年に復元され 三菱一号館美術館 として一般に公開されている。このほか、日本工業
倶楽部会館 (大正9年 (1920) 築)や、明治生命館 (昭和9年 (1934) 築) などの歴史的建造物が残っている。

  
三菱一号館美術館


  
日本工業倶楽部会館 (国登録有形文化財)


  
明治生命館 (国指定重要文化財)




 
横浜三塔 (神奈川県横浜市)

横浜は、幕末の安政6年(1859) に、長崎・函館とともに日本最初の国際貿易港として開港し、様々な異国文化が上陸した。
横浜港には、大正から昭和時代にかけて建てられた「横浜三塔」 と呼ばれる歴史的建造物がある。

この三塔とは、神奈川県庁本庁舎(キングの塔)、横浜税関本関庁舎(クィーンの塔)、横浜市開港記念会館(ジャックの塔)で、
昭和初期に外国人の船員たちが横浜港へ入港する際、目印としてトランプのカードに例えて、キング・クィーン・ジャックの塔
と名付けたといわれている。 < 2014年 再訪 >


神奈川県庁本庁舎(キングの塔)は、昭和3年 (1928) に建てられた、鉄骨・鉄筋コンクリート造地上5階建地下1階建築である。
建物の外観は、日本寺院建築の五重塔をイメージして建てられており、塔の高さは49mある。 改修 (国登録有形文化財)

  
神奈川県庁本庁舎(キングの塔)


横浜税関本関庁舎(クィーンの塔)は、昭和9年 (1934) に建てられた、SRC造地上5階建建築である。イスラム寺院風の塔屋が
特徴で、高さは51mある。 改修・増築 (横浜市歴史的建造物)
  
横浜税関本関庁舎(クィーンの塔)


横浜市開港記念会館(ジャックの塔)は、大正6年 (1917) に建てられた、煉瓦造(一部 RC他)地上2階建地下1階建築である。
高さ36mの時計台と2つの角ドームを配しているのが特徴である。  改修・増築 (国指定重要文化財)

  
横浜市開港記念会館(ジャックの塔)




 
ホテル ニューグランド本館 (神奈川県横浜市)

昭和2年 (1927) に建てられた、鉄筋コンクリート造5階建建築である。建物の設計は、東京国立博物館や日本劇場などを手
がけた建築家・渡辺 仁によるもので、古典主義にアール・デコ調を加味した、横浜を代表する近代建築のひとつである。

特に、2階のロビーは漆喰彫刻の天井や壁、黒光りのマホガニー柱、真鍮の吊り燈籠風のライトなど豪華な内装となっている。
建物は、現在でも結婚式の披露宴会場などとして使用されている。 一部改修 (横浜市歴史的建造物)

  


  





 
東華菜館 (京都市下京区)

大正15年(1926)に建てられた、スペインバロック様式鉄筋コンクリート造5階建建築である。建物の装飾は、魚やホタテ、タコ、
野菜など風変わりなモチーフが特徴で、当初は京都でも有名な西洋料理店 旧矢尾政レストランとして建てられた。その後、
昭和20年(1945)に北京料理店 東華菜館として生まれ変わり、現在に至っている。(国登録有形文化財) < 2014年 訪 >

  





 
京都四篠南座 (京都市東山区)

京都南座は、江戸時代初期より大衆の芝居小屋として永く続いてきた。現在の建物は、昭和4年(1927)に建てられたもので、
和風帝冠様式と桃山風意匠の外観が特徴となっている。 平成3年改修復元 (国登録有形文化財) < 2014年 訪 >

  





 
旧奈良県物産陳列所 (奈良市奈良公園)

明治35年(1902)に建てられた、和洋折衷木造一部2階建建築である。屋根は桟瓦葺で、正面に唐破風の車寄せがあり、
全体を宇治平等院鳳凰堂になぞらえた造りになっている。 現在は、奈良国立文化財研究所の施設として利用されている。  (国指定重要文化財) < 2014年 訪 >

  


  





 
円窓亭 (奈良市奈良公園)

鎌倉時代建てられた茅葺宝形造りで、四方の板に丸い窓がくり抜かれている珍しい建物である。元々は、春日大社の経典など
を保管する倉庫として建てられたもので、明治27年に現在の場所へ移築された。 (国指定重要文化財) < 2014年 訪 >

  





 
長崎の歴史的建造物 (長崎県長崎市)

長崎は、鎖国時代に西洋貿易の窓口として、また幕末の安政6年(1859) には、横浜・函館とともに日本最初の国際貿易港と
して開港し、様々な異国文化が上陸した。長崎市内やグラバー園には、 幕末から明治時代にかけて建てられた洋館などが
保存されており、レトロな異国情緒を醸し出している。

  
旧グラバー住宅 文久3年(1863)築(国指定重要文化財)    旧オルト住宅 慶応元年(1865)築(国指定重要文化財)


  
旧リンガー住宅 明治2年(1869)築(国指定重要文化財)      旧長崎地方裁判所長官舎 明治16年(1883)築


  
旧スチイル記念学校 明治20年(1887)築                 旧ウォーカー住宅 明治中期築


  
  旧三菱第二ドックハウス 明治29年(1896)築          旧長崎英国領事館 明治41年(1908)築(国指定重要文化財)

  
              旧出島神学校 明治11年(1878)築     旧香港上海銀行長崎支店 明治37年(1904)築(国指重文)


  
 旧長崎内外クラブ 明治36年(1903)築                旧長崎税関下り松派出所 明治31年(1898)築(国指重文)




 
旧出津救助院 (長崎市西出津町)

旧出津救助院は、明治16年(1883)に建てられた授産・福祉施設で、長崎外海地区へ赴任したフランス人宣教師 ド・ロ神父が、
村民の窮状を救うために創設したものである。

この建物は、外海の地方的特色と西洋建築技術を取り入れた貴重な歴史的文化財である。現在は、観光施設として一般に
公開されている。 < 2012年 訪 >

  


  





 
凱旋記念館 (長崎県佐世保市)

凱旋記念館は、第一次世界大戦における佐世保鎮守府所属艦船の武勲を称えるため、大正12年(1923)に建てられたもの
である。

鉄筋コンクリート造2階建で、正面の妻と左右対称の外観や1・2階の通し柱などが特徴である。現在は、佐世保市民文化
ホールとして利用されている。(国登録有形文化財) < 2012年 訪 >